サプリメントが肝臓に与える影響

MENU

サプリメントが肝臓に与える影響

肝臓を助けるためのサプリメントが、肝臓には負担になるという考え方も存在しています。

 

肝臓のサプリメントだけでなく、市販されている薬の中には添加物が多く含まれている場合があります。

 

それが肝臓に少しずつ溜まって肝臓本来の働きを鈍らせるようです。

 

薬物性肝炎という名称がつけられています。

 

サプリメントや薬の利用で、肝臓の機能低下による身体の不調を感じたら、医師に一度相談することをお勧めします。

 

体質に合わない肝臓サプリメントで体にダメージがいかないようにするため、お年寄りなどの場合は医者やサプリメント販売店に相談をすることです。

 

互いに異なる場所から入手したサプリメントと薬の相性が悪く、副作用が強まったり、薬の効果が弱まるということもあり得るのです。

 

何らかの薬を使っているという方は、肝機能に強い負荷をかけすぎないように、サプリメント使用はよく検討してください。

 

また、肝臓機能を強化するには、サプリメントの摂取だけでなく、アルコールを減らしたり規則正しい生活をするなどして、肝臓へり負担を減らしましょう。

 

十分な睡眠時間を確保することや、適度に体を動かしてストレス発散を行うなどすることも、サプリメントの摂取の他に行った方がいいでしょう。

 

普段の生活を改善するのは難しいかも知れません。

 

とはいえ、
サプリメントを使いつつ、生活習慣を改善できれば、肝臓にとってこの上なくいい影響がもたらされます。