サプリメントの効果と知っておきたい事

MENU

健康食品としてのサプリメント

 

日本では法的には食品に分類されていますが、サプリメントはあくまで栄養補助を主たる目的とする健康食品として存在しています。

 

栄養機能食品とは保健機能食品であり、指定されたビタミン12種とミネラル5のどれかがある程度以上配合されているものが該当します。

 

サプリメントは、この栄養機能食品と同じ範囲のものとして認識されています。

 

飽食の時代、生活習慣病に悩まされる人も増加しており、ぜいたく病とも呼ばれた病気が一般化しつつあります。

 

現代の食事、特に外食やファーストフードでは炭水化物、脂質、タンパク質の摂取量が増える反面、ビタミンやミネラルを摂る機会が減っているようです。

 

それが、健康状況に微妙に影響を与えていることは間違いありません。

 

日本国内で数多くの種類のサプリメントが様々な客層をターゲットに販売されているのは、国内での健康への関心が高まっていることが原因でしょう。

 

サプリメントの種類は主に3種類に分けられます。

 

製造時の材料が自然界に存在する天然成分のもの、天然成分を化学合成したもの、最初から化学合成をしたものという3パターンに分類されます。

 

ビタミンサプリメント、ミネラルサプリメント、亜鉛サプリメント、鉄サプリメント、カルシウムサプリメントなど、現在では数限りないサプリメントが販売されています。

 

サプリメントを利用している人の幅も非常に広く、カルシウム不足を気にする子どもやダイエット目当ての女性、健康な体を保ちたい高齢者など様々です。

 

サプリメントに求めるものも人によって大きく違い、それぞれの悩みや要望を持つ人がサプリメントを利用しています。

 

 

サプリメントで健康維持するには

サプリメントで健康維持するには注意すべき点があります。

 

サプリメント市場の拡大に伴い、様々な問題が起きていることも事実です。

 

現在では効能などを偽って高額な商品を販売するといった悪徳商法が多々発生しており、その被害は拡大しています。

 

効果の高いサプリメントを売ると見せかけての振り込め詐欺や支払いトラブル、悪質な広告などの事態も起きています。

 

騙すように半ば強引に高いサプリメントのローンを組ませたり、原材料や生産地を実際と異なる表示で販売されていたサプリメントもあるようです。

 

 

健康を求める気持ちを悪用して高いお金を取り上げようとする業者が存在している現状において、サプリメントを購入する私たちとしても、商品と業者を見抜く確かな見識が必要になっています。

 

高齢者が増加してきたことを受けて、サプリメント市場もお年寄り向けの健康維持に役立つ製品が増加しつつあります。

 

詐欺の相手として、高齢者を集中的に選ぶこともあるようです。

 

年配者を詐欺や悪徳商法から守るためには、家族や友人、地域の人々と共に協力しあい、取り組んでいける姿勢が大事です。

 

健康を望む心は基本的な感情です。

 

 

サプリメントの使用に当たっては、誇大広告に注意することはもちろん、薬効は期待できないことを認識しましょう。 
健康的な体でい続けるためにサプリメントを飲む際は、サプリメントはサポート的な存在であることを頭において、食事や生活環境の改善にも努めてください。

 

また、サプリメントを摂取する時は使用上の注意をよく守り、適正な使い方をすることで健康づくりに取り組んでください。